ネットで買い物をしたら

まだまだお店が開かないパリです。

しかし、友人や家族の誕生日などがあるのでネットでプレゼントを買ってプレゼントを配送する日々をおくっています。

お店にもよるのですが、自宅まで配送とお店で商品が受け取れるクリックアンドコレクトの2のうちどれかを選択できるので徒歩で行ける範囲のお店は今の所クリックアンドコレクトで注文しています。

お店が閉まっていることもあってか配送料もかからないところが多いので費用的には差はないのですが、なんとなく自分で買ったものを直接受け取れるならいいなと思って選んでいます。

配送されてきた荷物をすぐ受け取れないのも嫌ですからね。

クリックアンドコレクトをしているほとんどのお店が入口のドアの鍵をかけてる状態で、ドアをガチャガチャすれば店員さんが出てきてくれます。

ちょっといいお店に行った時にはドアの中にセキュリティの人がいて、不審者のようにドアをガチャガチャしなくともセキュリティの人がドアを開けて要件を聞いてくれたので気持ちが楽でした。

しかし、この間クリックアンドコレクトで行ったお店は、なんとシャッターが閉まっていました。

「あれ、この場所じゃなかったかな?」と思い、お店から来たメールに記載されているアドレスをGoogle Mapで調べてみるも場所に間違いはなく、同じく記載されていた電話番号に恐る恐る電話。

すると「商品受け取れますよ!いまお店開けますね!」とシャッターがガーッと空いて、IDを見せて買ったものを受け取りました。受け取り確認が終了し、挨拶が終わるとまたシャッタはガーッと閉まっていきました。

無事買ったものを受け取れたので、問題はなかったのですがなんだか不思議な気持ちでした。

お店が開けられないけど、営業はしてるなんてドラマや映画の中でしかみたことがなかったのでなんだかそれを体験したような気分になりました。

娘の育児プチメモ:捕まって歩くことができてきた。歩くのももうすぐかな。

すっきりとした青空!

コメント

タイトルとURLをコピーしました