美しい日本語とホームシック

今日は天気も良かったので少し遠くまでトコトコ散歩へ。

散歩している時にいくつかのカフェやブラッスリーの前を通ったのですが、多くの人がカフェやブラッスリーで買った飲み物片手に楽しそうにおしゃべりをしていて立ち飲み屋状態でした。

やっぱりフランス人はおしゃべりが好きな人種ですね。

散歩に出かける前に娘に離乳食をあげながらユーミンのベルベットイースターをyoutubeで聞いていると自動再生で次の歌「春よ来い」が流れてきました。

小学生の時に音楽の授業で歌ったことがあり、美しい歌詞だなと幼心に感じたことを今でも鮮明に覚えています。

日常ではあまり使うことがない美しい日本語を娘にも教えてあげたいなと思っているとふと涙が溢れてきました。

ホームシックにならないと思っていましたが、いつの間にかホームシックになっていたようです。日本に久しく帰れてないのといつ帰れるかわからないのもあってか、日本が恋しくて涙が止まりませんでした。日本の家族とは毎日連絡もしているし、毎週末スカイプもしているので連絡は取り合っているのですがやっぱり日本の家族が恋しいです。

昔アメリカにホームステイしていた時は絶対に日本へ戻りたくないと思っていたので、まさか自分がこうなるなんて思いませんでした。

年齢ですかね。最近ジブリを見ていても泣けてきて、特にもののけ姫は始まりから大号泣です。

娘の育児プチメモ:離乳食を完食するようになってきた。その代わりミルクを飲む量が減って、というか全然ミルクを飲まないので水か麦茶をあげるようにしようかな。何回か水をあげるの失敗しているので今度は成功するまで根気強く続けて行こうと思った。

人口密度が高いヴォージュ広場。

アナザースカイで今井美樹がこの公園で寝ていたのを思い出した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました